渡辺パイプからのお知らせ

最新NEWS INDEXへ

最新のNEWS

過去ののNEWS

最新のNEWS

浅間山麓国際自然学校が環境省より「国立公園管理団体」の指定を受けました。

2008年03月12日

 

当社がCSR活動の一環として参画しているNPO法人「浅間山麓国際自然学校」が、3月11日に環境省より上信越高原国立公園浅間地域の「国立公園管理団体」として指定を受けました。国立公園管理団体制度は、2003年自然公園法改正に伴って創設され、国立公園の維持管理を担うものとして一定の能力ある団体を指定するものです。制度創設以来、過去3団体しか指定さけておらず、いずれも公益法人のみでしたが、当NPO法人「浅間山麓国際自然学校」の指定は、民間NPO法人として初めてとなります。

浅間山麓国際自然学校は、2005年に開校、長野県小諸市と群馬県嬬恋村の県境に位置する高峰高原を活動エリアの中心として、自然体験プログラムの企画運営を展開すると同時に、浅間山麓周辺での絶滅危惧種の生態調査・保護活動の取り組み、自然保護ボランティアの育成などの活動が環境省より高く評価されました。

ホームページ:http://npo-asama.jp/top.html